かつどん 柏屋

「お腹がペコペコなのでがっつり食べたいですね。」

秋が終わりを告げ、日が暮れるのが早くなってきた。
佐藤と松本は車を走らせる。
空腹の二人が向かったのは、那須塩原の戸田にある「かつどん 柏屋」。
前々から気になっていたカツ丼のお店。
初めての来店だ。

着いたのがちょうどお昼時。
すでにたくさんのお客さんが入っていたので少し待つ事に。
黒と赤の落ちついた内装で、木の暖かみを感じる、女性も入りやすい雰囲気だ。
実際女性のお客さんの姿もある。
各席を照らすステンドグラスのライトも可愛い。お洒落。

お腹の虫を鳴らしながら待つ事数分。席に案内されて早速メニューに目を通す。

「さて、なにを食べようか…」

カツ丼専門店らしい、いろいろなカツ丼が揃っている。
佐藤は「ヒレかつどん」、松本は「かつカレー」を注文。

…、

う、うまい…!

衣はサックリ、分厚いお肉も凄く柔らかく、甘くてジューシーだ。
カツに絡む卵も味が濃く、ご飯が進む進む。

カレーのルーは具材の甘みが引き立ち、カツとも相性抜群。スプーンが止まらないようだ。

松本「ルーに七味かけたら美味しいです。」

カレーに七味が合うのか。でも美味しそうだ。

お肉は地元のブランド肉「那須郡司豚」を使用。
お米もまた地元の「なすひかり」。
そしてカツの旨みを引き立てる卵も高級卵「那須御養卵」。
食材へのこだわりが強い。

そしてこのボリューム!
ヒレかつどん、かつカレー共に1,300円だったが、このお値段でこの量なら納得だ。
むしろ得した気分である。

お腹が減っていて良かった。
夢中で食べる二人。
空腹の状態で挑んだが最後は満腹で暫く動けなかった。

カツ丼を食べたくなったら、またここに来よう。

ご馳走さまでした。

次は吉成さん、遅沢さん、よろしくお願いします。

文章:佐藤(designer)/松本(designer)

かつどん 柏屋
住所:〒325-0114 栃木県那須塩原市戸田15‐60
電話: 0287-74-5522 

関連記事一覧