時間が美味しくしてくれる熟成肉

ミートショップ鶏春

今話題の“熟成肉(ドライエイジング)”の魅力をご紹介いたします。那須湯本にあるミートショップ鶏春では「那須黒毛和牛」を一頭買いしており、様々な部位を提供しています。生産者の顔が見える精肉を仕入れています。熟成肉とは、一定期間寝かせることで旨みや風味を増したお肉。赤身の肉を好むアメリカではスタンダードなエイジング方法です。骨付きの大きな部位のまま、温度2℃~3℃、湿度80%~90%で常に肉の廻りの空気が動く状態を保ち、20日~2ヶ月熟成させます。徐々に表面が乾きカビにおおわれてきますので、重量は最初の状態からだいぶ減ります。時間とともに、肉の中の酵素によりタンパク質が分解され旨み成分であるアミノ酸に変化します。脂身の少ない低脂肪で健康的なお肉といえるかもしれません。

カビに覆われた肉の表面を削ぎ落し肉自体に傷をつけないよう丁寧に解体しています。食べられる部分はごく一部ですが、水分が飛び旨味が閉じ込められた熟成肉はとりこになる美味しさです。

これが究極の味、熟成肉

熟成には3つの特徴があります。1つ目に“柔らかい”酵素の働きで繊維がゆっくり解けていくので、噛み切れないほどのお肉でも柔らくなります。ただ柔らかいだけではなく、しっかりとした赤身肉の奥深い味わいも堪能いただけます。2つ目に“旨味が増す”赤身はもちろん脂身の水分まで飛ぶので、火の通りが遅く肉本来の旨みが凝縮しています。最後に3つ目“なんといっても香り”「熟成香」といわれる独特の香り(ナッツのような香ばしい香り)です。余計な調味料は不要で素のままで焼きあげ、シンプルに塩・粗挽きコショウを付けてお召し上がりください。独特の香りを楽しむのも熟成肉の魅力です。

和牛を2ヶ月熟成すると表面が黒ずんで、 綿毛のようなカビが肉全体を覆う。

40日目豚の熟成肉。

栃木県初保管庫を完備!

ドライエイジング専用の保管庫を設置しました。庫内の温度は2℃~3℃、湿度80%~90%と肉の周りの空気が動く状態をコントロールする事が重要です。

お客様に安心と感動を与える
精肉を提供しています。

代表取締役  大澤秀一さん

那須連山が育んだ水と、豊かな自然環境のなか、生産農家のきめ細かな愛情と飼育管理により、丹精こめて生産された那須黒毛和牛は、その魅力をダイレクトに消費者に食べてもらいたいただその思いです。「バーベキューをやりたい」「贈答品に」「業務用で」・・・ご予算と人数に応じてご注文を頂いてからオーダカットし最適なご提案をさせていただきます。

〒325-0303 栃木県那須郡那須町高久3370−3125
【電話】 0287-76-2326 
【営業時間】 9:00~18:30(変更有り)
【定休日】 水曜日(木曜不定休)※トップシーズンは無休
【ホームページ】 http://www.toriharu.jp
【オンラインショップ】 https://www.toriharu-online.com/

関連記事一覧