アートビオトープ那須

【自然とアート】

  旅に出るまえに観たケリー・ライカートというインディーズの女性監督のOLD JOYという映画の中でつぶやかれた台詞が忘れられません。
sorrow is worn out joy.
悲しみは、古びたよろこびです。
 なんとなくエミリー・デッキンソンの詩の一節にでもありそうな一行です。
 映画ではなに一つ事件は起きません。なにも決断することなく、先延ばしにするのが習い性になってしまった人たちの、弱々しい感情の起伏があるばかりでした。
 閉じこもりがちな気分を奮い立たせるように、厚手のセーターの上にパーカーをはおって冬枯れの野へ出てみました。なにもかもが衰えにむかっているようだけれど、立ち止まると冬の光がゆったりとしたコートのように全身を包んでくれます。
 小径から水庭へ入り込むと、待ち伏せていたように、160コの眼がこちらをうかがうのがわかります。いたずら好きな妖精たちがあちこちに潜んでいるのでしょうか?
 水庭には、季節にしばられない宇宙の運行のリズムがあって、それに浸ることができるのが魅力です。動物になる、植物になる、虫になる、ついには無になってしまう変容をたのしむのです。
 たっぷりと瞑想をたのしんだら、団欒のぬくもりが恋しくなって、喫茶KANTANの外の席、で淹れたてのコーヒーをいただきます。
 一日の労苦は、ゆっくりと報われて、悲しみさえよろこびだと思えてくるのです。
 たそがれの秘法です。

誰にでもできるコラージュ、プリコラージュワークショップ

絵を描くには、スキルがいる。上手い下手があるのが、息苦しい。ということで、身の回りにある不用なモノを持ってきて、それをハサミでジョキジョキ切って、貼り絵みたいに、ジグソーパズルみたいに、貼っていきましょう。ルールなんか気にせずに、パッと思いつきで、自由にのびのび。アタマの上に長靴、ネコに飛行機の翼、木の上にバケツ、ふだんはバラバラに存在しているモノを、くっつけちゃう。これが、コラージュ。まるで、ジャズの即興演奏みたいでしょ?あるもので間に合わせるというブリコラージュのおもしろさ。ありふれた日々の中にこそ、美とおどろきと神秘とユーモアがあるんです。教えてくださるのは、極上キュレータにして、ご自身もアーチスト、あらゆるアートをたのしむ水先案内人、新見隆さんが、「すべての人はアーティストである」と励ましてくれます。
開催日:2021年12月11日(土)、25日(土) ※毎月2回開催        時 間:15:30〜17:00頃 随時開催        参加費:2,200円

リムジンマルシェ

アートビオトープ那須の中庭に小さなマルシェが出現します!軽食、本やオリジナルグッズなどがユニークなホワイトリムジンに並びます。
時間:10:00~16:00 入場無料※雨天時など予告なく休止する場合があります。予めお問い合わせください。

カフェ「Kantan」レストラン・リテラチュール

武蔵野美術大学教授・前大分県立美術館館長の新見隆さんの監修による、文学、小説や詩、音楽や美術家にちなんだ美食の風景を紹介する「レストラン・リテラチュール」メニュー。今冬は「ハンバーグ・ステーキで、ハンブルグのルンゲを想う」が登場します。
ランチ    | 12:00 – 13:30(L.O.)      ティータイム | 14:00 – 16:00 ディナー   | 18:00/19:30
予約・二部制ご予約・お問い合わせ0287-78-7833 (10:00−19:00)

「水庭」見学ツアー。

水庭のご見学は事前予約制です。
前日の17時までにお申し込みください。

水庭ツアー(ポストカード・ブックレット付) 2,970円 【ご案内時間】 平日 14:00 土曜・日曜・祝日 11:00 / 14:00

関連記事一覧